宅建 テキストの読み方

宅建 テキストの読み方

勉強の順番は「テキストを読んでから → 過去問」です。

 

「最初に過去問をやってイメージをつかむ」みたいな勉強法を語ってる人がいたりしますが、どうせほとんど解けなくてやる気がなくなるだけなので、あまりオススメしません。

 

 

インプット から アウトプット これが自然の摂理です。

 

 

というわけで、まずはテキストから読み進めます。

 

で、その読み方で注意するポイントがあるのですが、、、

 

 

“ちゃんと読んでください”

 

 

あっごめんなさい、わかり辛いですね。

 

男性よりも女性に多いみたいなんですが、「キーワード拾い読み」みたいな読み方をする人がいたりします。

 

テキストに書かれている文章の、“キーワードだけ”をちゃちゃっと拾って、勝手に頭の中でつなげて文章を構築しているような読み方です。

 

速読とかも同じです。

 

 

「自分、こころあたりが・・・」と少しでも思った人は注意してください。

 

 

こんな読み方しても実力付きませんよ〜。

 

 

頭の中で「声に出して読むくらいの感じ」、そのくらいでやっと“ちゃんと読めた”ことになります。

 

 

そして、このようにちゃんと読んでいれば、赤ペンを引いたりとか付箋を貼ったりとか、最初の内はそんなこと気にしなくていいので、とにかくじっくりと読んでください。

 

 

まずは、なにはともあれ“内容を理解する”ことが大事です。

 

 

 

次ページ「過去問の活用方法」へ

 

 

↓よろしければ応援クリックしてください☆ ポチっとしてくれると、このサイトがもっと進化するかも♪

資格(宅地建物取引主任者) ブログランキングへ

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。